「 畳の材料どっとこむ 」は、株式会社 TATAMISER(タタミゼ)が運営しています。


畳表(たたみおもて)畳縁(たたみべり)
小ロット販売します!

 

業界最小の販売単位

「畳表は1m〜」「畳縁は5m〜」



 畳は、畳表畳縁、畳床、畳糸などで構成されています。

 その中でも畳表は、天然イ草を使用していることは皆さんご存知だと思います。

 現在では、畳表は、イ草だけでなく樹脂や和紙といった素材のものが登場し、ダニ・カビの発生や日焼けによる変色の心配がなく、カラーも豊富になっています。

 畳縁は、最近、手芸業界でも販売されています。バックの材料として使われることが多くなっています。

 畳縁の豊富なカラーと伝統的な絵柄が手芸業界にも受け入れられ、年々需要が増えています。
 
  そんな畳の材料に、畳以外に使いみちがあるのでは無いかと思い、畳の材料を広く使っていただきたい気持ちから完成したウェブサイトが「畳の材料どっとこむ」です。

 本物の畳に使われている材料は、ホームセンターなどで販売されている畳マットと比べると、品質において全く違います。
 

 プロ仕様の畳材料を、家具材料内装の一部に使ってみてはいかがでしょうか。


 小ロットで販売しておりますので、必要最低限の購入が可能です。

 家具やベッドの一部に、または、インバウンド需要に向けた日本的なインテリアの一部に、DIYでも。

 
 ぜひ「畳の材料どっとこむ」をご活用ください。



 

畳表 1mから販売

畳縁 5mから販売



 

会社概要

商号

株式会社TATAMISER
TATAMISER Co.,Ltd.

代表者

代表取締役 淡路 光彦   代表blog blog

弊社のWEBサイトをご覧いただきありがとうございます。

弊社はインターネットを通じてお客様に品質の良い畳をお届けすることを使命とし運営しております。

代表である私は、父が畳材料卸問屋を経営していたことをきっかけに畳業界に入りました。

畳表や畳縁など畳の材料を畳屋さんに卸売する仕事です。

現在の畳業界では和室の減少により畳の需要が年々減る中、高齢の畳職人さんが多く若い職人さんが入ってこない状況です。

日本一のイ草産地である熊本県においても、農家がイ草の栽培をやめ、野菜や米に転作しています。

畳に関係する作り手が減る時代になっています。

このままではホームセンターで販売されているような畳が、普通に畳と思われる日が来てしまうのではと心配になります。

都心では和室のないマンションも多いですし、畳を知らずに成長するお子様も増えていくと思います。

そんな現代だからこそ、

平安時代から続いていると言われる日本の畳を

本物の材料で品質を約束した畳を

お客様にお届けしたいという気持ちで運営しています。

株式会社 TATAMISER
代表取締役 淡路 光彦

資本金

600万円

事業内容

畳のECショップの運営
インターネット関連のITサービス

所属団体

なにわあきんど塾同友会
堺商工会議所

営業時間

9:00〜17:00 /定休日 土・日・祝

お問い合わせ

下記フォームよりお願いします

問合せフォーム

所在地

〒591-8025 大阪府堺市北区長曾根町130-42
TEL 072-275-6755 FAX 072-344-5822

  〒107-0062 東京都港区南青山2丁目2番15号WinAoyamaヒ?ル

 

【地下鉄御堂筋線】
地下鉄御堂筋線「なかもず駅」2番出口を出て直進。徒歩 2分
【南海高野線】
南海高野線「中百舌鳥駅」北出口を出て駅前ロータリーを左へ。徒歩 5分

 


株式会社 TATAMISERでは、畳に関するあらゆるものをインターネット通じて広くお客様にお届けすることを使命としています。
 

TATAMISERが運営する畳のウェブサイト



 
  • 当店をはじめてご利用のお客様へ

畳べり

  • 畳べり;無地
  • 畳べり;柄地

畳表

  • 畳表;い草
  • 畳表;セキスイ
  • 畳表;和紙

カテゴリーから探す

  • 畳素材とは
  • カットサンプルのご注文

ショッピングガイド

ショッピングガイド

モバイルショップ